So-net無料ブログ作成
 2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

その2~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅 (2011年8月~2012年12月) http://tabibito843-2.blog.so-net.ne.jp/

      

四国編 ブログトップ
前の3件 | -

甲子園口~三宮~坂手(小豆島)  再出発! [四国編]

2013年4月14日 日曜日 1252日目

DSCF8425.JPG

10時半に出発。今日は国道2号線を西へ走り、神戸の三宮からフェリーに乗って小豆島まで渡る予定。

四国に渡るためには明石大橋とか瀬戸大橋とかしまなみ海道とか選択肢があるが、明石大橋と瀬戸大橋は自転車歩行者通行不可なので除外。しまなみ海道は尾道から渡ることになるけど、そのためには山陽路を延々と西に走らんとイカンわけで。

しまなみは前にも自転車で渡ったことあるし、今回はパス。つまりはフェリーで渡るしかないわけで。だったら直接高松に渡るより、小豆島経由にしまひょうということで。

DSCF8426.JPG

甲子園口商店街のお花屋さん、フィオレットフリーに寄って友人のマミにご挨拶。

DSCF8427.JPG

国道2号線ですぐに芦屋市に入る。

DSCF8428.JPG

そして赤鳥居のとこにある、トンカツながた園。2009年に旅出発した日は、ここでランチしてから西へ走った。ながた園は学生の頃にけっこうお世話になった。なんせごはん味噌汁おかわり自由やし、今は漬け物もカレーもゆで卵も食べ放題なのだ。若いときなんかはトンカツが来る前に、キムチとかでごはんを一回食べてしまうのがセオリーやった。しかし今日は先に進むのだ。お目当てはカツ丼なのだ。

DSCF8429.JPGDSCF8430.JPG

12時半に三宮到着。ええ具合に腹もへってる。

DSCF8431.JPG

三宮のアーケードに自転車を放置して~。

DSCF8432.JPG

通はここから地下に降りるのが近道。あ!だからチカミチ?

DSCF8433.JPG

きたあ~。カツ丼吉兵衛(よしべえ)。こちらもヨッシーが学生時代から通ったお店なのだ。いまはこんなに大きくなっちゃってるが、30年前は同じ市場の中でカウンター7~8席だけで、ヒゲの大将が一人でやってた。いつも人が並んでたのは席が少ないからだけでなく、美味しくて人気があったから。

DSCF8435.JPG

今日はてんこに玉子追加、味噌汁付きで750円。てんこっていうのはご飯大盛りのこと。

DSCF8436.JPGDSCF8437.JPGDSCF8438.JPG

昔は食べたあとに大将に直接会計してたが、今は券売機なのだ。この新しい場所に替わって席数が大幅に増えてからも10年くらい経ってる。しかしいまだに昼前後は行列ができてるのだ。

DSCF8439.JPGDSCF8440.JPG

今はさすがに待ち時間はそれほどでもなくなり、5分ほどで着席。そしてすぐにカツ丼が出てくる。やったああ~。なにがウマイかというと、まず肉がいい。そしてやや辛めな味付けのタレが合うのだ。

DSCF8441.JPGDSCF8442.JPG

さて、午後のフェリーの時間も迫ってる。すぐに三宮のフェリーターミナルに移動する。

DSCF8443.JPGDSCF8444.JPG

ん?特別?昼の便はどしたの?意味が理解できんので、一応切符売り場にいた社員に聞いてみた。日曜日なので次は夜の便しかないとのこと。ええええええ~!やってもうた。どうしよう。一回家に帰るか?いやいやそんなんメンドくさい。しゃあないから夜まで近辺で時間つぶしすることにする。

DSCF8445.JPG

待合いは開いてるのでここでじーっと待つかなあ?フェースブックでこの事情を発信すると、なんと心優しい今井さんからメッセージ有り。今日は三宮で出店やってて、もうすぐ終わるから夕方くらいまでなら時間つぶし付き合うよ~、やって。ありがたい!

DSCF8447.JPGDSCF8448.JPG

再度三宮に向かうとこんな国道を通過。日本で一番短いんやて。この先の阪神高速の下までやわ。

DSCF8450.JPG

フラワーロード沿いの公園を通って。

DSCF8451.JPGDSCF8452.JPG

海文堂書店前で今井さんと合流。今井さんはフェアトレードの雑貨などをあちこちのお店に卸したりしているが、今日は本屋さんの前で出店する日なんやて。

DSCF8453.JPGDSCF8454.JPG

今井さんのリクエストで、いつも前を通る気になるお店、六甲ビールに決定。

DSCF8455.JPGDSCF8456.JPGDSCF8457.JPGDSCF8458.JPGDSCF8459.JPG

ヨッシーはIPAというややい味のビールを飲んでみた。お~、深い味わいや~。

DSCF8461.JPG

2杯目はさらに濃い味のポーター。これはもう黒ビールやな。

DSCF8462.JPG

5時過ぎまで今井さんにお付き合いいただき、海文堂の前でお別れする。

DSCF8463.JPG

まだまだ時間あるし、たまたまブラ~っと移動してたらパタゴニアショップがあったので冷やかしに入る。そしたら店員さんの男子が、

「あの~、福岡のパタゴニアショップにも来られましたよね~」

と話しかけられた。あ!そうそう。天神のパタゴニアには古い友人の田中ヨージが働いてて、九州をウロウロしてたときに2~3回行ってるし。彼もそのころはその店で勤めてたが、今は転勤で神戸なんだと~。

そのあとも時間があるのでマクドナルドで時間つぶししてからフェリー乗り場に戻る。

DSCF8464.JPG

よかった~。ちゃんとフェリーがいてる。

DSCF8465.JPGDSCF8466.JPG

自転車にリアカーが付いてるので、前に電話で料金を確認していた。そのときは自転車2台分が必要と言われていたのだが、切符売り場で申告したら1台分でイイコトになった。ラッキー。まあ自転車は340円なんやけどね。

DSCF8467.JPGDSCF8468.JPGDSCF8469.JPG

けっこう車はガラガラやね。

DSCF8470.JPG

定刻通り出航~。船の旅はいいねえ~。神戸の夜景やで~。

DSCF8471.JPGDSCF8472.JPGDSCF8473.JPG

席にはテーブルもコンセントもある!

DSCF8477.JPGDSCF8479.JPGDSCF8481.JPG

8時40分に明石大橋を通過。旅の気分が盛り上がるで~。

DSCF8482.JPG

午後11時、小豆島の坂手港に到着。遅い時間な上に暗い中で宿泊地が見つかるかやや不安。一度旅が始まってしまうとだんだんペースがつかめてきてこういう不安は感じなくなるが、再出発の時はなんとな~く心がざわざわする。

DSCF8484.JPGDSCF8486.JPG

小豆島では芸術祭が進行中。港にもこんなやつが。ミラーボールのごとく回ってござる。

DSCF8487.JPG

タブレットで事前に調べていた運動場に行ってみる。仮設やけどトイレもあるし、民家は近いがもうみんな寝てはるやろう。隅っこでテント泊。

走行 31キロ 出費 7218円 (フェリー、インスタントラーメン、米、食パン、油揚げ、ジュース、とうふ、豚肉、もやし、吉兵衛、六甲ビール、マクド、発泡酒、焼酎)

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

坂手~福田  小豆島巡り開始 [四国編]

2013年4月15日 月曜日 1253日目

DSCF8488.JPG

7時、運動場の片隅で目覚める。人通りが少ないうちに撤収。フェリー乗り場の公衆トイレで用を済ませてから今日の予定を考える。

DSCF8490.JPG

水産施設?の壁も、ゲージュツ。細かい仕事しとるけど、どれくらい日数が掛かったのかな?

DSCF8491.JPGDSCF8492.JPG

そうか。醤油と佃煮の島なのか。でもまだ早朝なのでお店も開いてないし。

DSCF8493.JPG

港に石の並んだこんなものが。これはゲージュツでは無いみたい。

DSCF8494.JPG

八十八カ所?小豆島にもあるのか?なんで石柱の高さがまちまちなのか、想像するにお寺のある場所の標高?イメージが湧くような湧かないような。

DSCF8495.JPGDSCF8496.JPG

まずは近場の観光スポット、岬の分教場へ行こう。県道249で海沿いに走る。

DSCF8497.JPG

約1時間で到着。言わずと知れた、二十四の瞳が撮影された場所。

DSCF8499.JPG

校舎がそのまま残ってるのは貴重。

DSCF8500.JPG

映画村はパスして、分教場だけ。200円也。

DSCF8501.JPG

1954年の作品やったんや。まだ生まれとらんし。

DSCF8502.JPG

懐かしい感じ。ヨッシーが小学生やったのは1967年から1972年までの間やったけど、当時の校舎もこのスタイルに近いのがひとつあったなあ。1年生と2年生の校舎はこういう古いヤツで、3年生以上はテッコンキンクリートの新しい校舎やった。ちょうど新旧入れ替わりのタイミングやたんやろうなあ。掃除当番は床にワックス?油みたいなんを塗る日もあったわ~。

DSCF8503.JPGDSCF8504.JPG

当時の子供の作品がそのままってのがええなあ。ヨッシーの作品も持ってきて勝手に飾ったら良かった。

さて、小豆島一周にかかることにしよう。ヨッシーは小豆島は初めてではない。中学生の時、キヨサダの叔父叔母さんの家に遊びに連れてきてもらったのが初めて。それと大学生の時、部活の同級生と夏の旅行に来たのが2回目。ただしどちらも2~3日の短期やったから。じっくり回るのは今回が初めて。島を右回りすることにナントナク決定。坂手まで戻ってからそのまま島の東側南端の大角鼻目指して走る。

できるだけ海岸線を、と走ってたら小さな村で犬に大歓迎された。しかも全犬放し飼い!10匹くらいに吠えられながら周りを囲まれかける。ここでひるんだり怖がったりすると付け上がられるのがオチや。ヒョウヒョウと囲みの中から走り去る。しかしワンワン吠えられるのは気持ちエエもんではない。それにもし噛まれたら痛いやろうし。

DSCF8505.JPG

少し坂道を上がって、大角鼻に到着。

DSCF8507.JPGDSCF8508.JPGDSCF8509.JPGDSCF8510.JPG

灯台もあるやん!もちろん灯台ハンターとしては記念撮影。

DSCF8511.JPG

ここからは島の東海岸をどんどん北に走る感じ。なかなか景色はダイナミックやけど、地図で読んだとおり登ったり降りたりを繰り返すハードな行程や。

DSCF8512.JPG

県道から国道436へ合流。ここまでコンビニもお店もない道やったから、道ばたでラーメン作って食べる。

DSCF8513.JPGDSCF8514.JPGDSCF8515.JPG

南風台を13時過ぎに通過。

DSCF8516.JPG

坂道を下ると残石群なる場所があった。歩いて見に行こう。

DSCF8517.JPG

道路から一段高くなったところに番屋七兵衛の屋敷跡があったが、こんな狭いの?家の敷地の方が広いで!これで屋敷と呼べるなら、ヨッシーの家なんか御殿やで!

DSCF8518.JPGDSCF8519.JPGDSCF8520.JPG

ゆるゆる歩いて上がる。あー、冬の間に体重増えたから体重いわ~。

DSCF8521.JPGDSCF8523.JPGDSCF8524.JPG

岩に削った跡が付いてる。こういうの全部手で削ったり割ったりしたんやなあ。

DSCF8525.JPGDSCF8526.JPGDSCF8527.JPGDSCF8528.JPGDSCF8529.JPGDSCF8530.JPG

しかもこんな山の中腹から人力で大岩を担ぎ下ろしてたわけで。最近腰痛気味のヨッシーには到底無理やわ。

DSCF8531.JPGDSCF8534.JPGDSCF8535.JPGDSCF8537.JPGDSCF8538.JPGDSCF8539.JPG

来てみて知ったが、大阪城を建てるときに使われた石の多くが小豆島から産出され、築城が終わったあと残った石や岩が放置されているわけで。放置と言ってもほったらかしではなく、他のお城で使われないように見張られていたと言うからビックリ。代々見張るだけの係の人がいたのである。

DSCF8540.JPGDSCF8541.JPGDSCF8542.JPG

次の観光は八人石。なんでもこの石の下敷きになって8人亡くなったといういわれがあるという。

DSCF8543.JPGDSCF8544.JPGDSCF8545.JPGDSCF8546.JPG

挟まれたくないくらいデカいわ。

島をドンドン北上して行く。

DSCF8548.JPGDSCF8549.JPGDSCF8550.JPGDSCF8551.JPG

道路脇の石切場にも、岩がゴロゴロ。この絶壁は、石を切り出していった結果こうなったわけで。どんだけ~~、ってちょっと古いか。

DSCF8552.JPG

ありゃ?なんか横倒しになっとるで。

DSCF8553.JPG

ええ~、こんなんでいいのか?お休みになっておられるのか?

DSCF8554.JPG

普通のお家やけど城壁付き。なんか自分で積みましたってのが丸わかりやけど、地震で崩れたりせんのかな。

DSCF8556.JPG

東海岸の北外れ、福田の町までやってきた。写真だけ見てたらサクサク楽勝でここまで来たみたいに見えるけど、実際はくねくねと登ったり降りたりの繰り返しでかなりお疲れなのだ。ブランクの後にしてはちょっと頑張りすぎた。

DSCF8557.JPG

岬から坂を下って福田港に4時到着。港で寝れるかそーっとチェックしよう。

DSCF8558.JPG

待合室はテレビもあって快適。時間つぶしにはぴったり。

DSCF8559.JPG

小豆島でロケがあった映画、八月の蝉。こんどチャンスがあったら見てみよう。

DSCF8560.JPG

あたりをウロウロしたがなかなかいい場所がない。港のハズレの空き地に勝手にテント張ることに。なかなかハードな一日やった。米を炊く元気もないのでインスタントラーメンで晩飯終了。

走行 39キロ 出費 692円 (岬の分教場、コーラ、イカ天、バナナ)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

福田~道の駅大阪城残石記念公園  今日はここまで! [四国編]

2013年4月16日 火曜日 1254日目

晴れ。さすが島の夜は静かやわ~。ゆっくり寝れて8時半に出発。

DSCF8563.JPG

海沿いに北上やけど、まだ登ったり降りたりは続く。岬から下ると吉田温泉の入り口に到着。この先いつ風呂に入れるかワカランから、ここで入っときたい。しかし残念ながら営業は午後からやった。まだ朝9時前やから待っとくわけにイカンし、先に進む。

DSCF8564.JPG

北上はここまで、こんどは西に向かって島の北側を走る感じ。

DSCF8565.JPGDSCF8566.JPG

10時前に大部のフェリー乗り場に到着。ここから岡山県の日生に行ける。なにかお店がないかと期待してたが、売店でパン売ってるくらいで期待はずれ。ちょこっと休憩して先に進む。

DSCF8567.JPG

県道26で西へ。さすがにアップダウンが厳しいのは東海岸で終わったのか、しばらく平地が続いて快適である。

DSCF8568.JPG

こんな公園もある。泊まろうと思ったらイケそうや。

DSCF8569.JPGDSCF8570.JPGDSCF8571.JPG

10時50分、道の駅、大阪城残石記念公園に到着。

DSCF8572.JPGDSCF8573.JPG

お城に使ってもらえなかった石が残されていて、それらの石を「残念石」と言うらしい。

DSCF8574.JPGDSCF8575.JPG

大阪では半分散ってたが、小豆島ではまだ花が残ってる。

DSCF8576.JPGDSCF8577.JPG

無料の資料館は併設されてる。もちろん見学。

DSCF8578.JPG

あれ。こんなひとも来てる。

DSCF8579.JPG

残念石の由来。

DSCF8580.JPGDSCF8581.JPG

多種類のノミ。こんな長いのまで使ってたなんて予想外。

DSCF8582.JPGDSCF8583.JPGDSCF8584.JPG

手に持つだけでも大変そうな重いノミもある。

DSCF8585.JPG

なるへそ、こういう風に作業してたのね。やっとイメージができてきた。

DSCF8586.JPG

お!こんな時代にも2重になった滑車とか考え出されてたんや。重さを2分の1とか4分の1とかにできる。

DSCF8587.JPG

これはなんやろう~?

DSCF8588.JPG

写真には大正昭和ごろとあるが、その時代も全部手作業やったのかな?

DSCF8589.JPGDSCF8590.JPG

へえ~、こんなイベントもやったんや。昭和56年つうとヨッシーが大学1年か2年の頃やな。

DSCF8591.JPGDSCF8593.JPG

こんな手車で山から石を運び出してたわけで。

DSCF8594.JPGDSCF8595.JPG

これは何か?と思ったら、石の下に差し込んで持ち上げるためのテコ。先っちょに金属部があることで耐久性も増すし差し込みやすくなる。

DSCF8596.JPGDSCF8597.JPGDSCF8598.JPG

石臼は石切場でどうやって使ったんやろう?と思ったら、これは製品やった。そらそう~や。

DSCF8599.JPG

隣の建物はナンジャラほい?

DSCF8600.JPGDSCF8601.JPG

なんかゆるキャラみたいなんがいっぱいおる。なんかお祭りとかで使われるみたい。

DSCF8602.JPG

腹減ったが昨日からコンビニもスーパーも無かったから、道の駅でめし食う。

DSCF8603.JPGDSCF8604.JPG

カレー500円は普通の味。

DSCF8605.JPG

資料館の裏にも大型の展示物あり。

DSCF8606.JPGDSCF8607.JPG

なるほど~。こうやって移動させてたんや。あったまええ~。

昨日頑張って走りすぎたので、今日はもうここで泊まることにして、無料休憩室でタブレットにお買い物したレシートのデータを打ち込む。ちゃんと家計簿をつけておるのだ。

ほぼ全部打ち込み終わった時、画面の変なところにタッチしてしまい、終了しますか?コメントが出た。戻るボタンを押せば良かったのだが、なんか反射的にOKボタンを押してしまい、2時間の努力が無になった。時間も無駄になり、タブレットの電池も無駄に使った。あ~、あほや~。

DSCF8609.JPG

これ以上の作業はやる気を無くし、焼酎のコーラ割りで心を落ち着ける。

DSCF8610.JPG

道の駅裏の広場でお米を炊いて、缶詰で晩ご飯。

DSCF8611.JPGDSCF8612.JPG

泊まりはひさしの下に無理矢理蚊帳を吊って場所を確保。今日もおだやかで、静かな夜である。

走行 20キロ 出費 740円 (缶コーヒー、コーラ、カレー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 四国編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。