So-net無料ブログ作成
 2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

その2~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅 (2011年8月~2012年12月) http://tabibito843-2.blog.so-net.ne.jp/

      

流星号ふっかあああつ  ランドアース最終日 [九州再訪~ヨットマンへの道]

2013年9月9日 月曜日 1410日目

P9091143.JPG

そうや!急に思い出した!ロケみつの西日本ブログ旅で、ヨッシーが大好きな稲垣早希ちゃんがランドアースに来てたんや!!旅の通過ポイントがキャニオニングという設定やったから、九州ならランドアースに来てるはずと勘を働かせてシゲに聞いたら大当たりやった。なのでヨッシーのサインももらっといてくれと頼んでた。

P9091144.JPG

どこにある?とシゲに聞いたが歯切れが悪い。どっかそこらにかざっとらんか?とか言うのみ。しばらく捜索したのち、本棚の隅にハッケーーン!しかし残念なことにヨッシー宛のサインは全く見あたらなかった。

P9091145.JPGP9091146.JPG

下がった気分を上げるべく、にゃんこをいじって遊ぶ。

P9091148.JPG

土日は忙しくランドアースのお手伝いをしたので、やっとこさ流星号の整備が出来る。ホームセンターで買ってきた長ねじとナット、ワッシャーを使うのだ。

P9091149.JPG

このスターファングルナットという代物をステムの中央にまっすぐ挿入せねばならん。ネットで探るとそれ用の打ち込み工具があって、それがまた数千円する。こんなん一回しかやらん修理のために買う気にはなれん。さらに検索すると、賢い人が長ねじなどを使って修理しているブログがヒットした。これやがな~~。ようは上から打ち込むのではなく、下から引っ張ってやるということ。

P9091150.JPG

上からストーンと通し、

P9091151.JPGP9091155.JPG

下から出てきた長ねじにワッシャーとナットを取り付ける。

P9091156.JPGP9091158.JPG

そしてナットをグリグリ回して締め込むと、あーら不思議。ファングルちゃんがどんどん中に入ってゆく~~。

P9091160.JPGP9091161.JPG

もとのやつが入ってたあたりまで挿入できたら、下のナットやワッシャーを取り外し、長ねじも上からぐるぐる回して、

P9091162.JPGP9091163.JPGP9091164.JPGP9091165.JPG

取り付け完了~!あったまいい~~!

P9091167.JPG

近所の自転車屋で買ってきたスペーサーという名のリングを通してヘッドのねじを締め込めば修理完了。がたつきもなくなり、これで自転車旅の再開が可能になった。

試し乗りしていると会社の駐車場にミニパトが入っていくのが見えた。あばや!とうとう何かの罪がばれたか~~。手錠をしたシゲが出てくる姿が目に浮かぶ。

P9091168.JPG

しかし何事もなくまたパトカーは去っていってしまった。シゲに何事かと聞くと、道路脇に設置してるランドアースの看板が右左折する車の視界をさえぎっとるというクレームがあったということで。シゲと2人で移動させに行く。

P9091169.JPG

ここに打ち込むから真っ直ぐして持っといてと言われ、支えている看板の上をハンマーでシゲがブッ叩く。ガードレールの端っこにかろうじて立ちながら片手でハンマーを振っているから力が入らん上に、たまにねらいを外してヨッシーの耳の横をブウンとかすめていく。ここで頭をかち割られたらたまらん。

P9091170.JPGP9091171.JPG

こっちに立てかけて縛った方がよかろ~?と進言して事なきを得た。

P9091172.JPGP9091173.JPGP9091174.JPGP9091175.JPGP9091176.JPG

夕方にランアススタッフのアツヒコに誘われ、車で温泉に行く。今日はしらさぎの湯。200円也。手作り感のあるお風呂で、ヨッシーが好きな湯の一つでもある。

P9091177.JPGP9091178.JPG

流星号の修理完了を受けて、いよいよ明日から自転車旅を再開するヨッシーを壮行してくれるBBQ開始@ランドアース。

P9091179.JPGP9091180.JPGP9091181.JPGP9091183.JPG

大勢でわいわいもええけど、少数精鋭でやるのもええな。ごおっつあんです!

走行 0キロ 出費 560円 (スペーサー)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人吉~湯前  自転車旅再開 [九州再訪~ヨットマンへの道]

2013年9月10日 火曜日 1411日目

P9101184.JPG

朝はまたしてもシゲとお弁当のヒライで朝定食。もちろんご飯お代わりする。

P9101186.JPG

距離メーターをリセットして11時に出発。またしても山越えして宮崎県に戻り、大分からフェリーに乗って四国まで戻るのである。

P9101187.JPGP9101188.JPG

市内を通り抜け、国道219に平行している形の自転車道に向かう。

P9101190.JPG

人吉から湯前まで31キロの自転車道。

P9101191.JPGP9101192.JPGP9101193.JPG

基本川沿いなのでこういうところも立ち寄りながら進む。

P9101194.JPGP9101195.JPGP9101196.JPGP9101197.JPG

朝ご飯をたらふく食ったので腹が減らない。喉が渇いたこともあり、桃の缶詰をおやつとする。

P9101198.JPGP9101200.JPGP9101201.JPG

湯前まであと少しのところ、百太郎堰という公園みたいになってるところを通過。なんだか良さそうやから今夜はここで泊まるか?しかしあたりをうろうろ偵察してると、大きな蛇の抜け殻を発見。速攻で湯前まで進むことに決定。

P9101202.JPGP9101204.JPG

ああ、懐かしの湯前駅。今夜もここで野宿としよう。駅前の公園で水道蛇口を使って水浴び。

P9101205.JPGP9101206.JPGP9101207.JPG

日が暮れたら徳丸食堂でチャンポンや!

P9101209.JPG

普通盛りでもこのボリューム。味も満足じゃ。

駅横の公民館的スペースの軒下で野宿。

走行 40キロ 出費 1258円 (食パン、炭酸水、朝定食、チャンポン)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

湯前~椎葉村  大河内越えぞなもし [九州再訪~ヨットマンへの道]

2013年9月11日 水曜日 1412日目

P9111210.JPGP9111211.JPGP9111212.JPG

6時半起床。始発電車を見送ってから7時半に出発。

P9111214.JPGP9111215.JPG

来るときは横谷越えと言われるルートで宮崎から熊本に渡ったが、帰りも同じルートじゃ芸がない。そこで市房ダム方面に進み、大河内越えで宮崎ハヤオ県に入ろう。しかしこの道はかなりの山越えで、聞く人全員がかなり辛いよとヨッシーにアドバイスしたのである。ならばさらにチャレンジしたくなるのがヨッシーの真骨頂。かかってこんかい~~!

P9111215.JPGP9111216.JPGP9111217.JPGP9111218.JPG

緩やかな登りをこなし、ループ橋をぐるりと回ると市房ダムに着く。ここで8時半。

P9111219.JPG

道の駅風の売店があり、大噴水の看板を発見。なんかテレビで見たことあるかも。

P9111220.JPG

え?お金いるの?500円は大枚やな~。まあ見るだけ見てみよう。

P9111221.JPGP9111222.JPGP9111223.JPG

んん~、噴水の自動販売機か。しかし壊れとるがな。残念~、と言うことにしとこう。

P9111224.JPGP9111225.JPGP9111226.JPGP9111227.JPG

吊り橋は無料のようである。あんまり景観はよくないな。タイミングの問題でもあるかな?

P9111228.JPGP9111229.JPGP9111231.JPGP9111232.JPGP9111234.JPG

ダムサイトからはしばらく平らな道が続いたが、とうとうそのときはやってきた。狭くて急な坂道がぐいぐい続く。

P9111235.JPGP9111237.JPGP9111238.JPGP9111239.JPG

ひたすら自転車を押し歩き、1時に峠に到着。宮崎県椎原村に入村!ここからは下りの爽快な時間を楽しみ。

P9111240.JPGP9111241.JPGP9111242.JPG

村中を一瞬で通り過ぎ、せっかく降りたのにまた登る。いわゆる大河内越えはここからが本番なのだ。驚いたかまいったか。

P9111243.JPGP9111244.JPG

川に沿って細い道は続く。山々が重なり合ってどこまでもつづいとるがなー。

P9111245.JPGP9111246.JPG

途中暑くてたまらんので、てごろな場所で行水の儀を執り行う。あー快感。

P9111247.JPGP9111248.JPGP9111249.JPGP9111250.JPG

暑さで飲み水が無くなりかけていたが、道路脇にしたたり落ちる山水で給水。これでがんばれる~。

P9111251.JPG

が!まてよすでに時間は4時前。峠はまだ先のようやし、山水の近くで泊まる方が明日の給水もできる。すぐに良い河川敷を見つけ、テント泊。

P9111252.JPGP9111253.JPG

目の前に清き淵のある一等地やで~。汗を流すのに一回、寝る前にもう一回行水して就寝。

走行 36キロ 出費 0円
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。