So-net無料ブログ作成
 2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

その2~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅 (2011年8月~2012年12月) http://tabibito843-2.blog.so-net.ne.jp/

      

ソラミル(口屋内)~四万十川河口(中村)  河口に想う [四国編]

2013年8月6日 火曜日 1376日目

P8060009.JPGP8060010.JPG

晴れ。手に入れた新しいカメラのテストをかねてそのあたりを激写。いや~、激写って昭和な感じやない?

P8060007.JPGP8060008.JPGP8060011.JPG

特徴としては顕微鏡レベルまで寄れる接写モード。昨日買った瓜を写してみたがどんなもんじゃい!ついでに朝ご飯の冬瓜の味噌汁も接写!拙者が接写!ぶふう。

ながながとお世話になったソラミルからいよいよ出発するのだ。ノムよ、サンキュウー。また会おう。

P8060015.JPG

10時40分にベースをあとにして四万十川右岸を下流へ走る。すぐに口屋内に入ったので、せっかくやから通行止め中の沈下橋を先日と反対側からオリンパスで激写。次来るのはいつになるかはわからんが、そのときには修繕が終わって渡れるようになっておるに違いない。

P8060016.JPG

口屋内の酒井商店も元気に営業中かな?酒井さんは元国体カヌーの選手という経歴もあって、キャンプカヌーツアーに来たときの食事を提供してもらったりしてた。青さ海苔の天ぷらとか鰹のたたきとか大評判やった思い出がある。

P8060017.JPGP8060018.JPG

そして目の前の黒尊川は相変わらず美しい。本流の四万十川は渇水して清流の面影もないが、変わらない黒尊の姿に癒される。泳ぎたいが先に進まねばまた停滞してまうがな。

P8060019.JPGP8060020.JPG

沈下橋下流の赤い橋で左岸側へ渡る。上流の沈下橋を見遙かせば右側の欠損部分が見て取れる。

P8060022.JPGP8060023.JPGP8060024.JPGP8060025.JPGP8060026.JPGP8060027.JPG

四万十川にいくつもある中で特に有名なのは佐田の沈下橋。観光名所として駐車場や公衆トイレなんかも整備されている。なんでこの橋が名所になってるのかは定かではないが、市街中心地の中村から近いっつうのが一番の理由ではないやろうか。

P8060029.JPG

2時半に中村駅到着。近くのホットモットで買ったのり弁を駅の待合室でいただく。長らく来ないうちにリニューアルされ、待合室は広く快適でエアコンも効いてるし、スマホ用コンセントなんかも設置されておる。天国やないか~。

P8060031.JPGP8060032.JPG

たまたまホームにはアンパンマン列車が停まっている。駅員に写真とっていい?と聞いてからホームに入る。気温はべらぼうに暑いので、待合いでじーとして夕方を待つ。

P8060033.JPGP8060034.JPG

最寄りスーパーで買い物してから県道20号を走って四万十川河口を目指す。あと7キロ。

P8060035.JPGP8060036.JPG

カヌー川下りをしていた頃には一度も河口まで漕ぐことはなかった。だいたい河口に近づくと流れはなくなり、上げ潮の時は逆流になるし向かい風が重なれば黙々とパドルを動かし続けるはめになる。そういうのは楽しくないので中村市内などで上陸していたわけで。

そういうこともあって、今回は自転車やけど初めて河口を見に来たわけで。

P8060037.JPGP8060038.JPG

河口より0,0kmという表記になるのか。思ったより穏やかな様子に拍子抜け。

P8060039.JPGP8060040.JPG

すでに6時を回っているので河口のすぐ隣にある海岸公園みたいなところで宿泊準備。公衆トイレもあるし水道もある。雨は無さそうなので芝生のところに蚊帳だけ張って自炊。

P8060042.JPGP8070043.JPG

焼きそば&発泡酒。

走行 42キロ 出費 2352円 (弁当、炭酸、鶏肉、とうふ、焼きそば、きゅうり、もやし、発泡酒、ダイソー)
nice!(2)  コメント(0) 

四万十川河口~大岐海岸  ペダル不具合 [四国編]

2013年8月7日 水曜日 1377日目

P8070044.JPG

早朝から目が覚める。また今日も暑くなりそうな気配である。蚊帳をテントのようにして設営して過ごしたが、涼しくてなかなかよい。もうこれからはテントは暑すぎるので、しばらくはこういう形態の宿営になるやろうなあ。

P8070046.JPGP8070048.JPG

国道321で足摺岬方面に走る。まずは橋で四万十川を渡る。

P8070049.JPG

こんなところに大文字山があるやん。どれどれ。

P8070050.JPG

ちっさ!山やなくて丘やん。なんでまた土佐の外れの方に大文字なのか?

P8070051.JPG

なるほどの~。しかし権力者の勝手な思い入れで土地の名前や風習までなぞらえさせられるとはな~。今なら大問題やで

P8070052.JPGP8070054.JPG

さあ~これから上り坂に差し掛かるっ、てところでペダルがギシギシ鳴りだした。今回北海道法要フライトで帰省した折にアマゾンで買って付け替えた新品なんやけど、どうも造りがちゃちで駆動部の調整もやりにくい代物やったわけで。道ばたの日陰で汗だくになりながらばらして調整を試みるが断念。交換用のペダルを手に入れるため、来た道をまるまる戻って中村市街のホームセンターへ向かう。

P8070055.JPGP8070056.JPG

プラスチック製の安物ペダルをゲット。598円也。すぐに付け替えて走ってみたら、安い割に踏みシロが大きいので足の裏が楽で調子いい。っつうかアマゾンの赤いやつは格好はいいけど、ギザギザが靴裏に食い込んで足の裏の同じところばっかし疲れていた。アカンやん。

P8070057.JPG

ペダルのせいで引き返したポイントまで戻って改めて山越えにかかる。今朝は早起きして出発も7時前やったのに、今はもう12時半。無駄な力使ってるわ~。峠越えのちトンネル。ここからは下り坂。

P8070058.JPG

ぐんぐん下ってると何かが道に落ちてる。危ないやん。自転車を止めて回収する。

P8070059.JPG

引き出しの中はからっぽ。現金500万くらいはいっとらんか~?

P8070060.JPG

国道321は足摺サニーロードの別名あり。

P8070061.JPG

2時を回り気温がハンパなく高いので、神社の境内でロング休憩。コンクリに寝ころぶとヒンヤリして気持ちいいが、神様の真ん前なんでバチが当たりそうでもある。気にしない気にしない。

P8070062.JPG

あっちの先のほうが足摺岬やろうか?

P8070063.JPG

暑くてたまらんわ~、と思ってたらこんな素敵な川を横切った。しかも先に泳いでる人もおるし。

P8070065.JPG

いっとけ~~~!天国!水は冷たいし澄んでいる。余は満足じゃ。

いっそ今日はここで泊まるかと思ったが、この場所は河川工事の区間に含まれてるし先に進むことに決定。

P8070066.JPGP8070067.JPG

30分ほど国道をススムと見事な砂浜に出会う。ここが大岐海岸か。

P8070068.JPGP8070071.JPGP8070072.JPG

サーファーの車が停まっている海岸の駐車場で寝れそうや。小さな橋を渡ると公園のトイレもあるし。まだ4時やけど本日は終了~。

P8070073.JPGP8070074.JPGP8070075.JPGP8070076.JPG

あたりを散策し、日が陰ってきてから砂地の広場片隅に蚊帳を張る。バケツを持ってトイレに行き、水道水をバンバンかぶって行水完了。夏はこれができるからええわ~。

しかしタップリと熱をため込んだ砂はなかなか温度が下がらず、じわじわと汗が全身に吹き出る。せっかくの行水が水の泡やわ~。

走行 45キロ 出費 1794円 (氷、もやし、豚バラ、かまぼこ、とうふ、弁当、きゅうり、炭酸水、カフェオレ、ペダル、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0) 

大岐海岸~足摺岬~土佐清水  ピリッとせんかい足摺! [四国編]

2013年8月8日 木曜日 1378日目

P8080078.JPG

朝日が昇ればすぐに暑くなる=自動で目が覚める。夏のお約束。昨夜は地面熱い風無い気温高いの三拍子でやや寝不足気味。

P8080079.JPG

子供らは元気やわ~。朝から川魚を追いかけて走りまわっとるし

P8080081.JPG

7時半出発。今日は足摺岬を目指すのだ。起伏の多い海岸線なので上ったり下ったり。トンネルが見えると頂上の印なのでほっとする。

P8080082.JPGP8080083.JPGP8080084.JPG

県道348は尾根沿いを行く道なので、ここは左に進んで347経由で県道27へ。

P8080085.JPGP8080086.JPG

すぐに窪津漁港を通る。当たり前やけどヨットはない。それなりに港とかあると自然と立ち寄って様子をうかがう癖がついてきた。この港に入港するんやったら、こう来てああしてあの辺に止めて、とかの妄想もする。

P8080087.JPG

10時半をまわってまた暑さが増してきた。早く足摺岬に着いてしまいたいが、ここから上り坂がかなりある。

P8080089.JPG

高さが増してきた~。



1時間の登りは終わり、一挙に岬までダウンヒル!岬の公衆トイレ横に到着。

P8080092.JPG

猫のお迎えアリ。

P8080093.JPG

中浜万次郎、ジョン万次郎のお迎えもアリ。

P8080094.JPG

ちょっとした公園みたいにナットル。徒歩で散策。

P8080095.JPGP8080096.JPGP8080097.JPGP8080098.JPG

まずは展望台から太平洋を見下ろす。海がキレイわ~。

P8080099.JPG

灯台はまだ先。もちろん灯台ハンターとしては逃せない。

P8080100.JPGP8080101.JPG

ちょっとした散策路を歩いて灯台に向かう。なんやら七不思議があるみたいやけど、無理矢理に7つこさえたみたいな臭いがぷんぷんするなあ~。地獄の穴って~。

P8080104.JPG

いやあ~、まったく地獄ではないけど~。それでもお賽銭を入れるいい人もいてはる。

P8080105.JPGP8080106.JPG

七不思議は置いといて本命の灯台で記念撮影。

P8080107.JPG

帰りは違う道で駐車場まで戻ったが、以後七不思議は見つけられなかった。だから無理あるんちゃうのん?荷台のゴムが切れかけてるので、新しいものと交換。もうこの旅では最後の交換になるやろう。

P8080109.JPGP8080111.JPG

岬を後にして旅館やホテルの建ち並ぶ地域にやってきたら足湯があった。無料やん。

P8080113.JPGP8080115.JPGP8080116.JPGP8080119.JPG

なんやら階段教室みたいになっとる。そりゃあ太平洋の景色も見れるやろうけど、そのためにお金かけてるわあ~。公共の観光案内所みたいになってて、係の女性がいてはったけどヨッシーには愛想よくなかった。大丈夫か?観光協会。

P8080120.JPG

龍馬パスポート対応施設である足摺テルメってあの山の上のやつかなあ?お風呂はいりたいだけやねんけどなあ~。

P8080121.JPG

はは~。急勾配ね。

P8080123.JPGP8080124.JPGP8080122.JPG

大汗かいて到着。下から上までずっと道路を斜め横切りジグザク歩きせなあかん急勾配やったわ。特徴的な白い建物。

P8080125.JPG

龍馬パスポートにスタンプをもらい、入浴は割引の500円を払う。あれ?もうひとつ特典でプレゼントがあるって書いてあったでえ?

P8080126.JPG

そういうとあわてて水を出してきたホテルマン。黙ってたらそのままやったやん。しっかりしてや~足摺岬~。

P8080127.JPGP8080128.JPGP8080129.JPGP8080131.JPG

なかなか立派なお風呂やん。露天風呂もあって気持ちいい。いつものごとく3回頭と体を洗う。

P8080132.JPG

まだ外は暑いので冷房の効いた休憩室でたっぷり休み、5時過ぎに再出発。上ってきた激坂を下り、県道27を土佐清水方面へ。樹木のトンネルやて。涼しそうでええな。

P8080133.JPGP8080134.JPG

県道は海沿いとはいえ、崖の上を通る新しい道路。それなりにアップダウンはあるけどたいしたことはない。しか~~し。しかしである。この下の中浜という集落にはジョン万次郎の生家があるというので見逃せない。左に曲がるとすぐに狭くて急勾配の下りになり、道もくねくね曲がってござる。集落までほぼブレーキを握りっぱなしで中浜に到着。下ったと同じだけまた上がるのかと思うと気が滅入る。

P8080135.JPGP8080136.JPGP8080137.JPG

苦労した割には復元住宅。ざ~んね~~~ん。

P8080138.JPGP8080139.JPG

でも本来生家のあった家にはまだ万次郎の末裔が住んでいて、表札も中浜になっておる。こういうのがエエワ~。

またえっちらおっちら道路まで上り返し、じょじょに暗くなる中土佐清水に7時過ぎに到着。

P8080142.JPG

腹が減ったので割引になったにぎり寿司をスーパーで買い、すぐ横の公園をねぐらとする。

あずまやの下にマットを敷いて蚊帳で寝ていたら夜中にカサコソ周りを歩き回る音がする。ライトで照らすとゴッキーやん!え?ちょっと体の上も走り回ってなかった?飛び起きて確認したら、けっこうな人数があわててお逃げになるやん。腹立ち紛れにサンダルで叩いて退治すること20個体。

これはもう地べたはあかんわ~。丸いテーブルの上に引っ越ししたが、長さが足りないので自分も丸くなって寝るしかない。長い夜になりそうやわ~。

走行 39キロ 出費 1700円 (サラダ、寿司、スイカ、アジフライ、レタス、コーラ、食パン、発泡酒、温泉)
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。