So-net無料ブログ作成
 2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

その2~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅 (2011年8月~2012年12月) http://tabibito843-2.blog.so-net.ne.jp/

      

宍喰温泉~室戸岬  高知県突入ぜよーー! [四国編]

2013年5月12日 日曜日 1280日目

DSCF9672.JPGDSCF9673.JPGDSCF9675.JPG

7時起き。昨日お風呂で手洗いした洗濯物など広げて朝日に当てる。たけちゃんは先に身支度を終え、出発していった。ヨッシーと同じ室戸岬方面に進むんで、あとで追い越すことになるやろう。9時に高床式休憩所を出発。

DSCF9677.JPGDSCF9678.JPG

昔の仕事仲間のナベチャンからの情報で、すぐ先の竹ヶ島ってところにまぐろ料理の店があるらしい。せっかくなので左折して寄り道。

DSCF9679.JPG

崖にこんな看板が。化石連痕(かせきれんこん)やって。レンコンっつうたら穴の空いてる植物で、食べるとシャキシャキして美味しいやつか?でも漢字がちゃうわ。

DSCF9680.JPGDSCF9681.JPG

すごい!なにこのウロコみたいなのは。まさに目からウロコやで!

DSCF9682.JPG

竹ヶ島に入るには、短い橋を渡るだけ。わたったところにまぐろやを発見!

DSCF9683.JPGDSCF9684.JPGDSCF9685.JPG

あばや!またしても臨時休業攻撃!なんでこんなにタイミング悪いのか。持ってるなあ、オレ。しかし臨時のわりにこの看板は臨時に用意したものでは無さそう。つまり臨時休業はチョイチョイあるということか。

DSCF9686.JPGDSCF9687.JPG

しゃーない。海でも眺めてUターン。もとの国道55に戻る。

DSCF9688.JPG

直後に高知県に突入!

DSCF9689.JPGDSCF9690.JPG

うむうー、どうやら東洋町はサーフィン天国のようである。異常に人が多いと思ったら、今日は日曜日か。

DSCF9691.JPG

四国の東岸沿いに室戸岬まで至るこの国道は、景色がいいことと走りやすいことで知られている。

DSCF9692.JPG

しかしその反面小さな漁師町ばかりでお店やコンビニなどがほとんど無い区間なので、歩き遍路にとっては大変な場所だと聞いた。今でこそそんなだから、昔はもっとだったろうに。

DSCF9694.JPGDSCF9693.JPG

やっと見つけたコンビニでカツ丼弁当473円。よかったー、今日は昼飯抜きかと思いかけてた。

DSCF9695.JPGDSCF9696.JPG

午後の観光は夫婦岩。しかし落石注意で通行止めになっている。ここは自己責任ということで乗り越えて行く。

DSCF9699.JPGDSCF9701.JPG

出たーーーー!やっぱり綱がかかってる。どうして日本人は並んでる岩があると綱をかけて夫婦岩などという名前をつけたがるのか?(こんな名前の本があったかな?)今も昔も、こういう象徴を設けて「夫婦は仲良く」、と示さなければ仲良くできなかったからかなあ?考えすぎかなあ?

DSCF1772.JPGDSCF1773.JPG

1時半に室戸岬の手前にある海洋深層水施設に到着。無料の足湯を試してみる。この水は海洋深層水かあ?

DSCF1774.JPG

斜め向かいにはお大師立像。

DSCF9706.JPGDSCF9707.JPGDSCF9708.JPG

ここは若い頃の弘法大師様が修行でこもった洞窟があるのだ。ヨッシーも悟りを開きに行ってみようー。

DSCF9709.JPGDSCF9710.JPG

洞窟の右側は落石のためバリケード中。

DSCF9711.JPGDSCF9712.JPGDSCF9713.JPGDSCF9714.JPGDSCF9715.JPG

思ったより奥が浅い洞窟やな。こんなんじゃ探検にならんがな。雨宿りにちょうどいい感じ。子供の秘密基地にもいいかもしれん。あんまり有り難みを感じないまま見学終了ー。

DSCF9717.JPG

つぎはいよいよ室戸岬灯台なのだ。ヨッシー的には弘法大師よりも灯台なのじゃ。灯台ハンターの血が騒ぐぜい。

DSCF9716.JPGDSCF9718.JPGDSCF9719.JPG

駐車場に自転車を置いて、猫に留守番を頼んでおいてから徒歩で上がる。

DSCF9720.JPGDSCF9721.JPGDSCF9722.JPG

ずいぶんな山道を上がって行くと、大師さんがエイッとねじった捻岩がある。力持ちー。

DSCF9725.JPG

そして灯台の横には、24番目札所、最御崎寺がある。お遍路は一切しないルールなんだけど、ついでに見学しに行こう。

DSCF9726.JPG

おー、変なものアルアル。たたくと鐘の音がして冥土までとどくとある。やってみようー。



どや?冥土まで届いたかな?

DSCF9728.JPGDSCF9729.JPGDSCF9730.JPG

さあ!本命の灯台へ。

DSCF9731.JPGDSCF9732.JPGDSCF9733.JPGDSCF9735.JPG

やったね!室戸岬灯台攻略!

DSCF9737.JPGDSCF9738.JPGDSCF9739.JPG

灯台から坂道を降りたら、こんどは中岡慎太郎が待っておった。昔この銅像と桂浜の坂本龍馬像は海を隔てて向かい合い、目と目を合わせている!という噂があったが、テレビ番組で検証した結果、デマなことが判明した。判明さすなよー。夢の無い話やでー。

DSCF9740.JPG

海際は公園になっておる。

DSCF9741.JPG

人なつこい猫もおる。

DSCF9742.JPG

おおおー、海の向こうはアメリカじゃぞー、坂本どん。

DSCF9743.JPG

ふり返ると灯台はあんな高いところに。

DSCF9745.JPGDSCF9747.JPG

今夜はこの公園で泊まることにして、食料買い出しのために室戸市街まで往復。

DSCF9749.JPG

まずは慎太郎と差しで酒を飲むぜよー。かんぱーい。

DSCF9751.JPG

さらに慎太郎の目の前でテント泊。

走行 62キロ 出費 1775円 (弁当、寿司、カツオたたき、パン、炭酸水、発泡酒)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

室戸岬~奈半利~北川村  慎太郎どん! [四国編]

2013年5月13日 月曜日 1281日目

DSCF9752.JPG

5時起き。まずは中岡どんにオハヨウサン。

DSCF9755.JPG

今日の日の出は5時半やった。海の向こうはアメリカぜよ~坂本どん!

DSCF9757.JPG

目が覚めてしまったのでドンドン撤収して6時半には出発準備完了。しかしまずは銅像横の階段を上がって展望しに行こう。

DSCF9758.JPG

上がり口が目立たないので展望台があること自体知らない人もいるかもね。そのわりに立派な建物やわ。

DSCF9759.JPGDSCF9760.JPG

太平洋の朝やで~~。

DSCF9762.JPG

そして出発前に中岡どんと一緒に記念撮影じゃ。どや?

DSCF9765.JPGDSCF9766.JPG

7時に国道55を安芸方面に走り始める。早起きするとナンボの得やわ~。すぐに現れた道の駅を視察する。トイレやあずま屋もあってここでの宿泊も快適そう。昨日は岬宿泊にこだわったのでここは選択肢には無かったけどね。

DSCF9767.JPGDSCF9768.JPGDSCF9769.JPG

時折は国道を外れて旧道を進む。車が少なく走りやすい。

DSCF9770.JPG

たまたま見かけた喫茶店の看板。「やりゆう」は、「やってます」。つまり営業中って高知弁。準備中はなんて言うんやったっけ?「やりよらん」やったかな?

DSCF9771.JPGDSCF9772.JPG

たった1時間の距離でまたしても道の駅が現れた。しかし朝の8時ではまだ準備中。ここには鯨料理のレストランが併設なのだ。

DSCF9774.JPG

あばや!またしても定休日攻撃。オレはやっぱり持ってるわ~~。

DSCF9775.JPGDSCF9776.JPGDSCF9777.JPG

そうこうしてたら突如警察や消防車両がワンサカやってきた。どうやら不明者の捜索のようで、あとでヘリも飛んできて上空から海岸際を行ったり来たりしておった。ヨッシーもその辺りをちょろちょろ見回ったが何も発見できず。逆に発見してしまったらちょっと怖いかも。

DSCF9779.JPGDSCF9778.JPG

吉良川町の古い町並みを通り抜ける。

DSCF9780.JPGDSCF9781.JPG

途中休憩などを挟みながら、11時に奈半利(なはり)に到着。最近できたのかな?津波避難の施設が町中にできている。この高さで大丈夫なのかな?エラい人が作ったから大丈夫やろうけど。

DSCF9782.JPG

奈半利駅でちょっと休憩。ここは土佐くろしお鉄道の東の終点&始発駅なのだ。

DSCF9785.JPGDSCF9783.JPGDSCF9784.JPG

鉄道オタクではないが、ちょっと見学しておく。

DSCF9788.JPGDSCF9787.JPG

駅長キャラのなはりこちゃん。命名センスの難しさが伝わる。

DSCF9789.JPGDSCF9790.JPG

さて、ここからは国道55を離れて寄り道モードに入る。奈半利川沿いに上流へ、北川村を目指すのだ。

DSCF9791.JPGDSCF9792.JPG

奈半利川はカヌー下りしたことはないが、その昔小学館から刊行された「日本の川地図」に紹介されていたのでその名は昔から知っている。一度は下ってみたいとは思っていたが、なかなかここまで足を伸ばす機会もなかった。

DSCF9793.JPG

少し浅いところが多いようだが、なかなか面白そうである。

DSCF9794.JPGDSCF9795.JPG

ダムが途中にあるので、ここより上流か下流が楽しめるかな?なんてことを考えつつ走る。

DSCF9796.JPGDSCF9797.JPGDSCF9798.JPG

1時過ぎに中岡慎太郎館に到着。中岡どんはここ、北川村の出身なのだ。入館料500円也。

DSCF9799.JPGDSCF9800.JPGDSCF9801.JPG

パネル展示では慎太郎の生涯がわかる。最期は龍馬とともに暗殺されたわけだが、こんな田舎(失礼!)から、日本の将来を左右したような影響力のある人が出たとは。

DSCF9802.JPGDSCF9803.JPGDSCF9804.JPGDSCF9805.JPGDSCF9806.JPGDSCF9807.JPGDSCF9808.JPG

展示館のそばには生家が再現されている。さすがはこの近隣の大庄屋であるなあ。

DSCF9809.JPG

コンセントも付いとる!

DSCF9810.JPG

2時間近くかけて見学したので、ここですでに3時を回っている。今夜はこのあたりで泊まることにしていたので、まずはもう少し上流にある温泉に向かおう。

DSCF9811.JPGDSCF9813.JPGDSCF9814.JPGDSCF9815.JPGDSCF9816.JPG

オレ、持ってるわ~。ことごとくやわ~。しゃあないな、川の反対側に無料キャンプ場があるみたいやからそっちに行ってみよう。

DSCF9812.JPGDSCF9817.JPGDSCF9818.JPG

いったいなんなんやろう?この当たり具合。キャンプ場被災!工事中!心が半分折れながらも、こういう事態も想定してここに至るまでに良さげな場所を選定していたのである。

DSCF9819.JPG

30分ほど来た道を戻り、奈半利川下流に下がったところの公園的な設備に落ち着いた。トイレも水場も無いけど一晩やからええやろ。

DSCF9820.JPG

高知と言えばカツオのたたきじゃけん!安くてウマーーー!

走行 56キロ 出費 1527円 (レタス、カツオたたき、食パン、枝豆、フライ、発泡酒、慎太郎館)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北川村~安芸  キャンプ地でキャンプアゲイン! [四国編]

2013年5月14日 火曜日 1282日目

7時起き。朝露で濡れてるけど乾くまでの時間がもったいないからそのままテント撤収。

DSCF9821.JPG

道路そばにある汲み取りトイレで○○コしてから9時出発。

DSCF9823.JPGDSCF9824.JPG

再び奈半利市街まで川沿いを下がる。玉子の自販機にはちゃんと商品が入ってた。買わないけど確認完了。

DSCF9825.JPG

高知だけ?それとも四国とか九州とか全般かな?鯉のぼりと一緒に、子供の名前も高々となびかせておられる。

DSCF9826.JPGDSCF9828.JPG

国道55に戻り、海沿いに安芸方面に進む。

DSCF9830.JPGDSCF9829.JPG

道の駅大山でお昼ごはん。最近定番のコロッケサンド。

1時半に安芸に突入。我らが阪神タイガースが毎年春季キャンプを行うことで有名。でもヨッシーは安芸に来るのは初めてなのだ。残念ながらいまは5月やからキャンプはやってない。

DSCF9831.JPGDSCF9832.JPGDSCF9833.JPG

中岡どんの次は岩崎弥太郎どんである。

DSCF9834.JPGDSCF9835.JPGDSCF9836.JPGDSCF9837.JPG

まずは数少ない安芸の観光スポットの一つ、野良時計まで行ってみた。地主さんが見よう見まねで作ったという時計。今も動き続けているのがスゲエ。

DSCF9838.JPG

ちなみにこの建物は普通に人が住んでいるようで、表札もカメラ付きインターホンもあった。くれぐれもピンポンダッシュしないように。

DSCF9839.JPG

安芸ではまず、ドコモで携帯とタブレット充電。

DSCF9840.JPG

そして昨日温泉に入り損ねたので、観光案内で聞いてホテルに来てみた。しかし夕方からしか外来入浴出来ないみたいやし、料金も高そうやからパス。

DSCF9841.JPG

安芸駅に来てみたら居るやん!止まってるやんタイガース列車!駅横のコンクリート法面を勝手によじ登って激写。カッケー!

DSCF9843.JPG

そんなこんなしてたらもう5時やん。今日は安芸で宿泊に決定。昔の町並みを通って、キャンプ候補地の安芸川河川敷を目指す。

DSCF9845.JPG

いちおう無料キャンプ場と地図に載ってたんやけど、限りなくタダの公園っぽい。しかしながら5月中旬にもなって最近強くなってきた日差しをよけるため、遊歩道の橋の下にテント設営。なかなか快適やで~。

DSCF9846.JPG

夏も近いし枝豆は必須アイテム。最近は冷凍の塩ゆで豆が売ってるから便利。そのまま水で戻すとすぐに食べれる。

DSCF9847.JPG

メインは豚バラすき焼き鍋。このところずっと走りっぱなしなので、安芸で連泊することに決定。

走行 42キロ 出費 1068円 (サイダー、惣菜、もやし、たまご、牛バラ、枝豆、手巻き寿司、カフェオレ、発泡酒)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。