So-net無料ブログ作成
 2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

その2~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅 (2011年8月~2012年12月) http://tabibito843-2.blog.so-net.ne.jp/

      

想い出巡り 道の駅連泊 [四国編]

2013年5月6日 月曜日・休日 1274日目

DSCF9361.JPG

河川敷で7時起床。朝方は少し雨模様やったが見事に晴れ。

DSCF9362.JPGDSCF9363.JPG

頭の上を通過しているロープーウェーは、昨夜営業を終了した時のまま中途半端な位置で止まったままになっている。これでいいのか?はじめは点検のためかと思ったが、その様子もなく宙づり状態。ワカランことはワカランままにしとこう。

DSCF9364.JPG

今日はここに連泊予定なのでおおむねのんびりと過ごす。道の駅のあずまやで、母の日のメッセージカードを作成。

DSCF9366.JPG

テントでインスタントラーメン自炊の後、2時過ぎにあたりの散策に走る。駐車場内に素泊まりの宿発見。さすがはお遍路の土地である。1500円は安いが、ヨッシーにとっては一日の予算を大幅にオーバーしている。大雨も降る様子無いのでテント泊でOK。

DSCF9367.JPG

那賀川の左岸側を上流に走る。大昔にカヌーで川下りしていた区間でもあるので、川の景色が懐かしい。流れの緩やかなところでカヌースクールが開かれていた。

DSCF9368.JPGDSCF9369.JPG

途中の橋から下流を見る。ずっと先に見える急流も、カヌー下りのお楽しみポイントだった。でもひっくり返ったら地獄やったけど。考えたらあのころから一か八か人生やったわけで。

DSCF9370.JPG

こんどは上流側。穏やかな区間と急流区間が入れ替わりに現れる、楽しめる川なのである。

DSCF9371.JPG

国道から一旦離れ、右岸側の旧道を上流の鷲敷(わじき)温泉方面に走る。

DSCF9372.JPG

温泉の下流あたりに、那賀川のこの区間の中では最強の急流がある。木の間から少し見えるが写真では伝わりにくい。



ビデオでも伝わりにくい。

DSCF9374.JPGDSCF9375.JPGDSCF9376.JPG

角度が変わると少しわかるかな?

DSCF9377.JPGDSCF9378.JPGDSCF9379.JPGDSCF9380.JPG

平成15年に出来てる新しい橋。このすぐ上流にキャンプ場があり、だいたいカヌーの出発地点に使わせてもらってた。

DSCF9381.JPG

キャンプ場を視察に行こうね~。

DSCF9382.JPGDSCF9383.JPG

おー、ここは全然変わってない。

DSCF9384.JPG

再びさっきの橋の下流に移動し、鷲敷温泉に向かう。上流側を見たら、川下り出発後の第一の瀬が見える。この下流にもまだ瀬が続いているのでここで沈(カヌーで転覆すること)するとかなり大変な目に遭ってしまうのだ。

DSCF9385.JPG

下流側を見通すと、あの先が急に左に曲がり、ぐるぐると川の水が回ってる渦があるのだ。そこで過去にヨッシーもかなり痛い目にあった。

DSCF9386.JPG

まずは懐かしの鷲敷温泉へ。なんも変わっとらんな。オンボロのままやわ。もちろん入浴する。350円也。

DSCF9387.JPGDSCF9388.JPG

脱衣所はもっと狭かったんちゃうかな?わからんけど。

DSCF9389.JPG

外はオンボロやけど、料理に力入れてるみたい。

DSCF9390.JPG

入浴後、こんどは川の左岸側に渡り例のぐるぐる渦を見に行く。

DSCF9391.JPG

B&Gに自転車を止め、歩いて川に近づく。



当時はまだファルトボートと言って木と布でできた組み立て式のカヌーで下ってた。というかそういうカヌーしかまだ売ってなかったので、選択肢がそれしかなかったわけやけど。直進性があるから逆に回転性が犠牲になっている。思うように自分の描いたコースを取れなかった場合、不覚にも岩に激突したり波に翻弄されたりして転覆し、体は放り出されライフジャケットの浮力だけで白瀬の波間を浮き沈みする羽目になる。

渦につかまりぐるぐる回され、岸の岩をつかもうとするがヌルヌルして何回も失敗する。もうこのまま永久に回り続けんといかんのかと思うと途端に怖くなり、「だずげて~~~~」と叫ぶ人もいたなあ~。

DSCF9393.JPG

想い出小旅行ののち、またテントまで戻って6時から晩酌開始。

DSCF9394.JPGDSCF9395.JPG

晩ご飯はギョウザ尽くし。焼き餃子と水餃子。

走行 18キロ 出費 350円 (温泉)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

道の駅わしの里~かもだ温泉  くねくね狭い道で四国最東端 [四国編]

2013年5月7日 火曜日 1275日目

9時半にテント撤収&出発。那賀川を下流から遡る、想い出の寄り道は終了。

DSCF9397.JPGDSCF9398.JPG

再び下流に下るがこんどは川の右岸側を中心に走る。国道ではなく、できるだけ川沿いに忠実に。クラ

シカルな道が続く。

DSCF9400.JPGDSCF9401.JPG

岩が頭上に張り出したみたいになってるところもあり、ワイルド~。

DSCF9402.JPG

四国の道。そりゃあそうでしょうよ。この標識に何の意味があるんか不明。

DSCF9402.JPGDSCF9403.JPGDSCF9404.JPGDSCF9405.JPGDSCF9406.JPG

県道282でさらに川沿いを下る。

DSCF9407.JPGDSCF9408.JPG

11時半にお松大権現に到着。マップルに載ってたから立ち寄っただけ。デカい招き猫はなんじゃらほ

い?

DSCF9409.JPG

足下にもわざわざ猫の足跡が彫られている。

DSCF9410.JPG

瓦にも猫。

DSCF9411.JPGDSCF9412.JPG

ミニ招き猫の団体さん。

DSCF9413.JPG

中にも猫猫猫~。その昔お松が金がらみの遺恨を残して死に、その怨念を引き継いだ三毛が化けて出た

とかの由来らしい。

公式ウェブサイト
http://www1.ocn.ne.jp/~godcat/01yuisyo.htm

DSCF9414.JPGDSCF9415.JPG

そんな話とはなんの脈絡もなく?開運小槌なるものが設置されておる。こういう現世御利益を求めるア

イテムはお守りやお札を始め多々あるのだが、それなどを一切信じておらんヨッシーではあるが写真撮

影のために手に取る。

DSCF9416.JPG

なんと大仏までこさえとるようやな。どれどれ。

DSCF9417.JPGDSCF9418.JPG

大仏と言っても普通のお墓くらいの大きさであった。ちょっと期待はずれ。

DSCF9419.JPG

猫ばっかしかと思ったら人間のもあるよ~。ここでたまたま地元の若人と語らう。自転車旅のことなど

少しお話しさせていただいた。

DSCF9420.JPGDSCF9421.JPG

阿南に出て国道55に入る。

DSCF9422.JPGDSCF9423.JPG

なんだか六角か八角の塔みたい何のが見えて立ち寄ってみる。

DSCF9424.JPGDSCF9425.JPG

牛岐城跡であるか。富岡城となった後、一国一城令により取り壊されたとある。

DSCF9426.JPGDSCF9427.JPG

なのでこの建物は近年に建てられたテッコンキンクリート製。

DSCF9428.JPGDSCF9429.JPG

うむう~。これはネオンなのか?そして夜になるとこの崇高なメッセージが煌々と光るのか?

DSCF9430.JPGDSCF9432.JPG

港をかすめ、国道55を南下するがこのまま素直に室戸岬まで行くと思うなよ。

DSCF9433.JPGDSCF9434.JPGDSCF9435.JPGDSCF9436.JPG

左に曲がって四国最東端の蒲生田岬(かもだみさき)まで行ってみよう。ここからは県道26に入り、

さらにすぐ先で左折。287という海沿いのぐねぐね道に入って行く。マップルには、「時折海が現れ

るとても狭い道」と記してある。

DSCF9437.JPGDSCF9438.JPGDSCF9439.JPG

そんなに狭くないやん。車も来ないし走りやすい。右は竹藪左は海。

DSCF9440.JPGDSCF9441.JPG

お、やっぱり狭くなってきた。しかも竹藪が多いから海の景色もすぐに見えなくなった。

DSCF9442.JPGDSCF9443.JPG

かなりローカルな道。たまーに家があったりするが、人の気配がない。

DSCF9444.JPGDSCF9445.JPG

くねくね狭い道を一時間半もかかって行き止まりのYMCAのところまでたどり着く。すでに時間は5時前

!こんなにかかるとは計算外。今夜の泊地はまだ見つかってないし~。進むしかないがここからはプチ

峠越え。

DSCF9446.JPG

半島の南側に出たところ、こんな標識があった。阿波水軍!ちょっと興味ある~。もう日没まで時間な

いのにまた寄り道。

DSCF9448.JPGDSCF9450.JPGDSCF9451.JPG

狭い狭い道路の両側に趣のある家が建ち並び、しかもここは人の往来がハンパなく多い。車も行き交っ

て自転車ですら譲り合わねば通れない場所もある。

DSCF9447.JPGDSCF9449.JPG

海賊のお墓?ここで行き止まりっぽいので寄り道終了。

DSCF9452.JPGDSCF9453.JPG

手持ちの水が少なくなってきた。たまたま通りかかった消防団のところで団員さんに頼んで飲み水をも

らう。

DSCF9454.JPGDSCF9455.JPG

日暮れが近い。この先に温泉施設があるみたいやから今日はお風呂に入ってからそのあたりで野宿やな



DSCF9456.JPG

あったー。丘の上にある~。

DSCF9457.JPG

あほや~、休館や~。なんでやねん!なんと間の悪い男よ、ヨッシーってば。

DSCF9458.JPGDSCF9459.JPG

しかし道路の反対側に休憩施設があり、きれいなトイレや大きなあずまやもあるやん!水道には、「飲

めません」と書いてあるが、これで体をさっぱりできる。消防団で飲み水もらってて良かった~。

DSCF9460.JPG

日没に間に合った~。

DSCF9462.JPG

あずまやの中にテントを張り、既設のイス&テーブルで自炊。

DSCF9463.JPG

今夜は徳島名物のウマカツで晩ご飯。魚肉のハムカツみたいなの。

DSCF9464.JPG

玉子で綴じてカツ丼風に仕上げた。

走行 69キロ 出費 934円 (もやし、ウマカツ、とうふ、ジュース、缶詰、チンゲンサイ、コ

ショウ、コロッケ、味噌汁、発泡酒)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

かもだ岬温泉~蒲生田岬~鹿の首  最東端だぜオトウたん! [四国編]

2013年5月8日 水曜日 1276日目

DSCF9465.JPGDSCF9466.JPG

7時起き。水道があるので鍋をキレイに洗って天然お日様乾燥。全部撤収して9時出発し、まずは最東端の蒲生田岬に向かう。「がもうだ」、じゃなくてカモダなのが引っかけ問題みたいな感じ。

DSCF9468.JPGDSCF9469.JPGDSCF9470.JPGDSCF9471.JPG

温泉から先はもう何もないのかと思ってたら案外畑が広がっていたり、小さな池があってトイレもある。

DSCF9472.JPGDSCF9473.JPGDSCF9474.JPG

遊歩道のところまで自転車で行ける。

DSCF9475.JPG

ちょこっと階段上げって~。

DSCF9476.JPGDSCF9477.JPGDSCF9478.JPGDSCF9479.JPGDSCF9480.JPG

灯台に到着。風が強いわ~。



DSCF9482.JPG

記念撮影も滞りなく済ませる。

DSCF9484.JPGDSCF9486.JPGDSCF9487.JPGDSCF9485.JPG

来た道を戻り、やっとかもだ岬温泉に入浴。四国を得するパスポートを使って、割引入浴400円。

DSCF9488.JPGDSCF9489.JPGDSCF9490.JPGDSCF9491.JPGDSCF9493.JPG

キレイな施設やなあ。昨晩入れてたらゆっくり過ごせたのに。

DSCF9494.JPGDSCF9495.JPG

併設の食堂で一番安いきつねうどん定食650円。

DSCF9496.JPG

阿波踊りの地、ならではのディスプレイ。竹でうまく作ってある。

DSCF9497.JPGDSCF9499.JPG

出発直前に前変速機のワイヤー切れ寸前なのを発見。スペアに即交換。修理は簡単なんやけど、その後の調整は走りながら調子を見ていく。これが時間かかるんやな~。

DSCF9501.JPGDSCF9502.JPGDSCF9503.JPG

帰りの道路際で、こんな看板がずらーっと並んでる空き地を発見。大変困っておられる模様。

DSCF9504.JPGDSCF9505.JPGDSCF9506.JPGDSCF9507.JPG

消防団まで戻ってきた。ここからは県道200と26で半島の南側を目指す。この先も峠越え&くねくね道の連続なのでどこまで行けるか。すでに2時半を回っている。

DSCF9511.JPG

まずは伊座利(いざり)峠へ。

DSCF9512.JPGDSCF9513.JPG

走ったり歩いたりして登って行く。携帯の基地局?みたいのが見える。たぶんあのあたりが峠の最高地点のはず。

DSCF9515.JPGDSCF9516.JPGDSCF9517.JPGDSCF9518.JPG

きた~。やっぱりここが峠やった。あとは下り坂。

DSCF9519.JPG

カフェの名前がイザリーノ。ちょっとネーミングが微妙。

DSCF9520.JPGDSCF9521.JPG

半島南側の道は、海ぎわじゃなくて少し高いところをくねくねと走る。

DSCF9522.JPGDSCF9523.JPGDSCF9524.JPGDSCF9525.JPG

観光スポット、お水大師に5時到着。もちろん弘法大師がえいっと水を湧かせたとかなのだが、現在は涸れてる?

DSCF9526.JPG

大師さんの先の鹿の首(かのくび)。歩いて先端あたりまで行けるようジャガ、今日は時間も体力もない。

DSCF9527.JPGDSCF9528.JPG

先に進むが上り坂。はたして今夜の泊地は見つかるのか?振り返ればさっきの鹿の首が横たわっとる。

DSCF9529.JPGDSCF9530.JPG

押して歩くこと20分。ロードサイドの休憩所があった。6時前やから今日はここまで。トイレも水もないけど景色はよい。道路の真横で車の音が間近だけど、ど田舎だから暗くなったら誰も通らんやろう。

DSCF9531.JPG

チンゲンサイ炒めで晩酌。

DSCF9532.JPG

ごはんはイワシの缶詰ニンニク風味。カボチャの味噌汁。

DSCF9533.JPG

走行 36キロ 出費 1050円 (きつねうどん定食、温泉)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。